治療方法

妊婦のおなか

医療福祉における婦人科は、女性特有の病気を治療するための診療科目です。
不妊治療では、女性のパートナーの男性も受診することができます。
主な診療内容として、不妊治療や乳がん、子宮がんなど女性特有のがんの治療などがあります。
不妊治療では、赤ちゃんを望んでいてもなかなか妊娠することができない女性に対して治療を行います。
治療を行うことによって、妊娠する可能性を高めることができます。
主な不妊治療として、一般不妊治療や人工授精、体外受精などがあります。
乳がんや子宮がんの治療は、がん専門医が治療を担当します。
治療の内容としては、抗がん剤治療や放射線治療、外科的手術などがあります。
乳がんや子宮がんは命に関わる病気ですが、早期発見ができると治すことができます。

婦人科に類似・競合する診療科目に、産科があります。
産科は出産のサポートを行う診療科目です。
産科では自然分娩のサポートや帝王切開などの方法で、出産へと導きます。
多くのレディースクリニックでは、婦人科と産科の両方を行っています。
通常、産婦人科と呼ばれており、女性特有の婦人病の治療や、出産のサポートを行います。
マタニティクリニックと呼ばれる場合もあります。
女性の性病の治療は、パートナーの男性と一緒に治療を受けることが必要になります。
男性の性病の治療は泌尿器科で行われる場合が多いため、女性の性病の治療も泌尿器科で受診することができます。
大きな総合病院では、性病科の診療科目がある場合があります。
女性の性病の治療は、性病科でも可能です。