検査方法

診察中の女医

子供を授かりたくても、なかなか妊娠できないカップルが増えています。この「不妊」の原因は、様々な要因が複雑に絡み合っていると言われています。
一昔前は、不妊の原因は女性側にあると考えられていました。しかし、今日では不妊で悩むカップルの半数以上は、男性側に原因があると言われています。
今日、1年経過後も妊娠できない状態を「不妊」と判断します。妊娠は、女性の年齢が大きく影響を与えます。
35歳以降は、急激に妊娠がしにくくなります。1年以上妊娠していない状態が続いていれば、婦人科に診察を受ける必要があります。
開始時期が早いほど、治療の効果が現れやすいのです。「不妊治療」を始めるにあたっては、男女双方の理解と協力が必要です。
肉体的・精神的に辛い時期を乗り越えるためにも、お互いに支え合う事が必要なのです。

晩婚化が進む今日、平均結婚年齢が25歳以上と言われています。
妊娠に最も適した時期が20歳前半と言われている中、子供が授かりにくいカップルが増加するのは仕方のないことかもしれません。
晩婚化が進む中、初産が35歳付近という方も珍しくありません。
社会環境や意識の変化、ライフスタイルの多様化は、生活に豊かさをもたらしただけではありません。
不妊を始め多くの問題をも引き起こしたと言えるでしょう。
不妊で悩む人が増加する中、不妊治療を積極的に行なう医療機関が増えてきました。
産婦人科や婦人科をはじめ、専門のクリニック等が治療をおこなっています。
治療内容は、不妊の原因によって大きく異なります。
また、医師によっても異なってきます。
信頼できる医療機関を探し、治療内容をしっかりと確認する事が望ましいと言えるのです。