子供とキスしている人

不妊という悩み

笑顔のあかちゃん

結婚して、妊娠・出産というのは、まだ当たり前のような感覚でセットで捉えられています。
ですが様々な夫婦の形があるので、出産を、子どもを望まない夫婦も勿論います。
その一方で、子どもが欲しいのに出来ないと悩んでいる夫婦もいます。
多くのこういった人たちは、不妊治療を受けています。
子どもが出来ないことを不妊症といいますが、10組の夫婦のうち1組の割合で不妊症だといわれています。
不妊症は、いつ、どの夫婦に起こってもおかしくないです。
もし結婚してから数年たっても子どもが出来ないという人は、一度クリニックで検診を受けましょう。

不妊治療を受けるのは、夫もしくは妻が不妊症だからです。
原因は多岐にわたり、その人それぞれで原因は違ってきます。
女性側だと、卵巣の機能不全や子宮内膜症などが関係してくる場合があります。
男性だと、無精子症・性交障害などが挙げられます。
正しい原因を追求して、正しい治療法を受けることが大切です。
検査を受けて原因を知りますが、検査期間として通常一ヶ月かかることがあります。
それは基礎体温・精鋭検査・フーナーテストなど、様々な検査項目があるからです。
検査も根気強く行なうことが大事になってきます。

以前は子供が出来ない理由を、女性のせいにしていた時代がありました。
いまは医療福祉の技術発展とともに、女性のみでなく、男性に原因がある場合があるということが分かってきました。
男性不妊の割合は、今や5割近くなってきています。
子供が出来ないことで、嫁姑関係・夫婦関係がこじれるケースもあります。
婦人科などのクリニックに行って、早めに対策・治療を行なうことで、関係崩壊の危機を防ぐ必要があります。
いまは男性の不妊外来のある専門施設も出来てきています。
泌尿器科で男性は検査を、女性は婦人科で検査を行なうことが可能です。
子供が出来ない悩みは、とても大きなものです。
早めの治療を行い、可能性にかけて検査・治療を行っていきましょう。

カルテを持つ笑顔の女医

原因を探る

不妊治療は、多くのカップルや夫婦が行っています。以前は女性に問題があると非難されていたものですが、現在男性に問題がある場合でも不妊に至るということが分かってきています。

診察中の女医

検査方法

不妊治療を受ける前に、検査を受けましょう。これが不妊治療を始める最初の一歩となります。男性女性どちらに原因があるのかも、検査を受けることによって知ることが出来ます。

親子の手

治療費

不妊治療を受けるには、費用がかかります。人工授精なのか、体外受精なのかでも金額は変わってきます。料金表示をしているクリニックもたくさんあるので、サイトなどを参考にして、治療費について調べましょう。

妊婦のおなか

治療方法

不妊に対する治療法も様々です。よくメディアでも取り上げられるのが体外受精という方法です。不妊の原因によって治療法は変わってきます。他にも不妊治療の方法はあるので、簡単に紹介していきます。

オススメリンク


写真ギャラリー


カルテを持つ笑顔の女医
診察中の女医